2013年9月アーカイブ

アメリカが武器供与開始

| トラックバック(0)
まぁこうなるでしょうね。
自分たちが直接手をくだせないとなったら、
援助することで、支援する。
これが最上の手段ですからね。

あれこれと、きな臭い話になっている
中東シリアの化学兵器使用問題。

武力による、鉄槌を下そうとしたアメリカオバマ大統領ですが、
フランス以外のすべての国が、
アメリカの、というかオバマ大統領の下した軍事介入に否定的です。
アメリカと行動を共にすると思われていたイギリスも、
攻撃をしないことを決定しました。

アメリカでも、議会の反発があり、
結局攻撃を行うことをほぼ断念して、いますね。

これには、シリアを支援するロシアが強硬に反対していること。
アメリカ国内でも、軍事介入に反対する声が多いこと
などがあるんですよね。

直接軍事行動すると、大変なことになる。
というわけで、アメリカが行った戦略が、
敵の敵に武器を与えるというものです。

シリア反体制派に、武器と技術供与。
それ以外にも車両や通信機器、医療キットなどを提供するんだとか。
これあれですね。
アフガニスタンみたいな感じになりそうですね。